税や登記その他基礎知識」カテゴリーアーカイブ

住まいに関する税金は優遇されている?不動産に関する税金と軽減措置について

不動産を購入し保有するとき、税金がかかります。購入するときにかかるのは、不動産取得税です。

保有するときには固定資産税がかかります。

これ以外にも、取得時の登記申請時には登録免許税が、交わした契約書には印紙税が、不動産の取得に要した資金の贈与を受けていれば贈与税がかかります。

今回は不動産にかかる税金とその軽減措置についてご紹介します。

続きを読む

マイホーム売却での確定申告で注意すべき5つのこと

不動産を売却すると、次の年の2月16日から3月15日までの間に確定申告をする必要があります。

不動産売却の確定申告は、取得費の申請や損益通算をするかしないかで納税額が大きく変わる可能性があります。

今回は、不動産売却での確定申告の際に知るべき5つのことについてお伝えします。

続きを読む

マイホームを売却した時の確定申告書はどう書くの?

不動産を売却して、売却益が出た場合には確定申告をする必要があります。

また、損失が出た場合には確定申告をする必要はありませんが、損益通算をすることで、税金を安く抑えたり、税金を還付することができます。

不動産を売却した時は、売却益が出た場合も、損失が出た場合にも確定申告をするようにしましょう。

続きを読む

マイホームを譲渡する場合の5つの特例について解説

土地や建物を売却すると譲渡所得が生じます。

これらの売却で発生した所得は課税対象であり、所得税と住民税が課されます。

この時、譲渡所得の計算では取得費や必要経費を計上することができ、計算の結果、売却益が発生しない場合には譲渡所得税は課されません。今回は不動産・土地・建物を売却した場合の譲渡税金の計算方法をご紹介します。

続きを読む

司法書士に登記を依頼する際どんな書類が必要になる?

不動産の登記は、ご本人でも行うことができますが、必要書類や手続きが複雑なため、司法書士にしてもらうのが一般的です。

今回は不動産登記申請の種類と必要な書類、不動産登記にかかる費用についてご紹介します。

 

続きを読む