建ぺい率

建ぺい率は敷地面積に対する建築面積の割合のことを指します。

都市計画で用途地域毎に30~80%の範囲で制限が定められ、定められた制限以上の建物を建てることはできません。

そもそも、建ぺい率は防火上の理由と、住環境に配慮する目的で設定されており、防火地域や角地では建ぺい率の緩和要件が定められています。

用途地域が異なる2つのエリアにまたがる土地では、1つの土地の中で異なる2つの建ぺい率が設定されることもありますが、このようなケースではそれぞれの面積に応じて加重平均して建ぺい率が決められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする