40代で住宅ローンを組んでお家を買うってどうなの?

多くの方が35年という長期で組まれる住宅ローン。

完済する年齢を考えると40代から住宅ローンを組むのは気が引ける気持ちもあり、またそもそも組めるのかどうか不安だという方も多いのではないでしょうか。

今回は40代から組む住宅ローンについてお伝えします。

 

40代で住宅ローンを組むことにはメリットもある?

実は、40代でも問題なく住宅ローンを組めるだけでなく、40代で住宅ローンを組むのには、40代ならではのメリットもあります。

まず、年齢の条件ですが、多くの住宅ローンは完済時の年齢が79歳~81歳程度までと設定されています。つまり、44歳までであれば一般的な住宅ローンの最長である35年で組むことも可能です。

もちろん、40代後半になればそれだけ借入期間を短くすれば済む話です。

 

返済期間を短くすることで利息の総返済額が少なくなる

40代後半になると最長の35年で組むことはできなくなりますし、また多くの方が仕事を辞めているであろう70代に返済期間が及ぶことに不安を抱くのではないでしょうか。

こうした理由から、実際40代で住宅ローンを組む場合返済期間を20年~30年程度で設定する方も多くなりますが、実は40代で住宅ローンを組むメリットはここにあります。

住宅ローンは返済期間を短くすればそれだけ利息の総返済額が減るからです。

もちろん、それだけ毎月の返済額は増えますが40代は20代や30代より多くの場合で収入が多く、また税金もたくさん納めていることから住宅ローン控除の恩恵も受けやすくなります。

 

ライフスタイルが安定している

40代での住宅購入は、20代や30代での住宅購入と異なり、これから新しい家族を迎えるということは少なく、間取りを決める際も不必要に大きな住宅を購入する必要がなくなります。

また、後○年したら子供が実家を巣立つ、といったことも想像しやすく、老後を想定した住宅選びができることでしょう。

 

25歳で組む場合と45歳で組む場合のとの比較

それでは25歳で住宅ローンを組む場合と、45歳で住宅ローンを組む場合とで比較してみましょう。

25歳で、借入額3,000万円、金利1%、借入期間35年で住宅ローンを借りる場合、月々返済額は84,685円、利息分の総支払額はおよそ556万円となります。

一方、45歳で、借入額3,000万円、金利1%、借入期間20年で住宅ローンを借りる場合、月々返済額は137,968円、利息の総支払額はおよそ311万円と、その差は245万円にもなります。

また、住宅ローン控除は毎年の住宅ローン残高の1%、所得税と住民税から還付を受けられる制度ですが、3,000万円の1%=30万円の還付を受けるためには年収が600万円以上程度ある必要があり、25歳では多くの場合満額控除を受けることはできないでしょう。

例えば、年収が300万円であれば17万円、400万円であれば21万円程度となり、折角の控除を有効活用できなくなってしまいます。

こうした点からも年収が高くなる40代で住宅ローンを組むのはメリットが大きいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です