40代で住宅ローンを組んでお家を買うってどうなの?

多くの方が35年という長期で組まれる住宅ローン。

完済する年齢を考えると40代から住宅ローンを組むのは気が引ける部分もあり、またそもそも組めるのかどうか不安だという方もいらっしゃるようです。

しかし、40代で住宅ローンを組むのは実は悪いことだけではありません。

今回は、40代の方が住宅ローンを組むことメリットについてお伝えしたいと思います。

40代で住宅ローンを組む3つのメリット

40代から住宅ローンを組むのは、審査を含めて不安に感じる方もいらっしゃるようです。

しかし、40代でも問題なく住宅ローンを組めるだけでなく、40代で住宅ローンを組むのには、40代ならではのメリットもあります。

まず、年齢の条件ですが、多くの住宅ローンは完済時の年齢が79歳~81歳程度までと設定されています。

そのため、44歳までであれば一般的な住宅ローンの最長である35年で組むことも可能です。

返済期間を短くすることで利息の総支払額が少なくなる

40代後半になると最長の35年で組むことはできなくなります。

また多くの方が仕事を辞めているであろう70代に返済期間が及ぶことに不安を抱く方もいらっしゃるでしょう。

こうした理由から、実際40代で住宅ローンを組む場合返済期間を20年~30年程度で設定する方も多くなりますが、このこと自体は悪いことではありません。

住宅ローンは返済期間を短くすればそれだけ利息の総返済額が減るからです。

もちろん、毎月の返済額は増えてしまいますが、40代は20代や30代より収入が多く、多少の上昇は何とかなるのではないでしょうか。

25歳で組む場合と45歳で組む場合のとの比較

とはいえ、実際40代で住宅ローンを組むと返済額は大きくなってしまいます。

そこで、ここでは25歳で住宅ローンを組む場合と45歳で住宅ローンを組む場合とで、毎月の返済額と、利息の総支払額を比較してみたいと思います。

まず、25歳で借入額3,000万円、金利1%、借入期間35年で住宅ローンを借りる場合、月々返済額は84,685円、利息分の総支払額はおよそ556万円となります。

一方、45歳で借入額3,000万円、金利1%、借入期間20年で住宅ローンを借りる場合、月々返済額は137,968円、利息の総支払額はおよそ311万円となります。

月々返済額は5万円程増えてしまいますが、利息の総支払額は245万円も安くなっています。

ライフスタイルが安定している

2つ目のメリットとして挙げられるのが、40代での住宅購入はライフスタイルが安定してからの住宅購入であるという点です。

40代での住宅購入は、20代や30代での住宅購入と異なり、これから新しい家族を迎えるということは少なく、間取りを決める際も不必要に大きな住宅を購入する必要がなくなります。

また、後何年したら子供が実家を巣立つ、といったことも想像しやすく、老後を想定した住宅選びができることでしょう。

住宅ローン控除は年収の高い40代が有利

3つ目のメリットとしては、年収の高い40代の方が住宅ローン控除を有効活用しやすい、という点が挙げられます。

住宅ローンを組むと10年間住宅ローン残高の1%、所得税と住民税から還付を受けられる住宅ローン控除制度がありますが。この制度は年収が高い方が有利です。

住宅ローン控除は税金の還付なので、実際に税金を納めていなければ還付を受けることもできないからです。

3,000万円の1%=30万円の還付を毎年受けるためには、年収600万円程度以上ある必要があり、25歳では満額控除を受けられないという方も多いでしょう。

概算ですが、年収300万円だと17万円程度、400万円だと21万円程度の還付となり、折角の控除枠がもったいないです。

こうした点からも年収が高くなる40代で住宅ローンを組むのはメリットが大きいと言えるでしょう。

まとめ

40代で多額の住宅ローンを組むのは、一般的には敬遠されることが多いでしょう。

しかし、実際には毎月の返済額さえ支払うことができれば、総支払額の面や住宅ローン控除の面、また家族のライフスタイルの面から40代の方がメリットを受けやすくなっています。

40代の方で、これから住宅ローンの利用を検討されている方は安心して利用されると良いでしょう。

 ホームズくんのCMでおなじみ、不動産情報サイト
LIFULL HOME’Sの住まいの窓口では、家づくりのプロに完全無料で相談することができます。

「住宅会社に行くと営業されるのが怖い」という方も多く、住宅会社に行く前に第三者の相談を受けられるこのスタイルは高い人気があります。

ハウスメーカーは通常テレビCMなどに広告費を支払っていますが、住まいの窓口はご成約時のみ、ハウスメーカーから紹介料を受け取って運営されています。

住まいの窓口利用者は最初から最後まで無料で利用でき、ハウスメーカーは広告費を節約できるというWIN-WINの関係で安心して利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする