マイホーム売却を成功させるための7つのコツ

マイホーム売却はほとんどの方にとってはじめてのもの。

どのような販売戦略をとれば成功するのかどうか分からないものです。

今回はマイホーム売却の7つのコツについてお伝えします。

 

マイホーム売却を成功させるための7つのコツ

スポンサーリンク

マイホーム売却を成功させるには以下の7つのコツがあります。

 

優秀なパートナー探しが先決

まず最初にお伝えしたいことは、マイホーム売却の最大のコツは優秀なパートナーを見つけることだということです。

つまり、不動産会社の優秀な担当営業マンを見つけることが大切です。

優秀な営業マンはどのような販売戦略をとればマイホーム売却が成功するのか分かっているものです。

運良くそのような担当営業マンに巡り合えたら助言を受け入れて一つ一つ実行していくと良いでしょう。

 

販売期間を3カ月で区切る

価格査定をしてもらい、気に入った仲介業者を見つけて、仲介を依頼したものの、販売活動がうまくいかない。

担当営業マンから値引きをするように言われ始めた・・・。

こうした場合にはできれば3カ月経った段階で仲介業者を変えるようにしましょう。

うまくいかない仲介業者は長く続けてもうまくいかないことが多いものです。

気の毒に感じてしまうかもしれませんが、早く売りたい場合には早め早めの切り替えが大切です。

 

値引き交渉を想定しておこう

販売活動をはじめて間もなく、お客様が見つかったものの、値引き交渉をされている・・・。

こうした場合判断が難しいですが、この後もっと条件の良いお客様が来るのではないかという期待は持ちすぎない方が良いです。

販売開始から1週間のお客様も、3カ月経ってからのお客様も同じお客様だと思って判断したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

見学会には同行しない方が良い

内覧時や、不動産会社の開催する見学会に売主が同行することもあります。これは一概には言えませんが、見学する側からするとあまり評判は良くないようです。

売主としても毎回毎回案内に同行するのは大変でしょう。

内覧や見学会は不動産会社に任せることをお勧めします。

 

引っ越してから販売する

現在のマイホームを売却して、新しい住処を探す場合、住みながら販売活動をすることがあります。

そのような場合でも可能であれば賃貸に引っ越して、売却するマイホームは空き家の状況にした方が良いでしょう。

 

近隣状況を確認しておく

販売活動を始めて、うまく売れない状況が続く場合には回りのマイホームをチェックしてみましょう。

どのようなマイホームが売り出されており、取引に成功しているマイホームはどんな工夫をしているのかを確認してみましょう。

 

入念に清掃しておく

当然のことですが内覧時にはしっかりと掃除しましょう。特にお風呂やシンク、お手洗い等の水回りは入念な清掃が必要です。

それだけでも印象はかなり良くなりますが、それ以外にも玄関周りや、マイホームの場合には共用部分の玄関ロビーなどもきれいにしておくと印象が良くなります。

ハウスクリーニングやフローリングの張替をしたほうが良いかどうか悩まれるかたもいらっしゃいますが、よほど汚い場合や壊れている場合を除いて自分でできる範囲の清掃で構わないでしょう。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です