20代で年収400万円の人はいくらまで住宅ローンを借りられるの?

20代で家を購入するとなると、多くの場合まだ年収の少ない内に購入することになります。

例えば、年収400万円程度であればいくらくらい借入することができるのでしょうか。

今回は年収400万円の人が家を買う場合の借入可能額についてお伝えします。

年収400万円での住宅購入

住宅ローンは、実は年収400万円あるかどうかが一つの目安となります。

そして、年収が400万円を超えると比較的余裕を持って借入可能額を計算できることが多いです。

年収400万円以上で返済負担率が高くなる

年収400万円で住宅ローンをいくら借りられるか、は住宅ローンを利用する金融機関によって異なります。

しかし、ある程度共通した項目もあります。

例えば、住宅ローンの借入可能額の計算では、年収に占める年間の住宅ローン返済額=返済負担率を計算する必要がありますが、年収400万円以上で35%程度に設定されている金融機関が多いです。

この場合、年間140万円、月々11.7万円程度まで返済に充てて良い計算となります。

ただし、民間の金融機関ではこの月々返済額の計算を実際の金利ではなく「審査金利」で計算することが多いため注意が必要です。

例えば、審査金利が3%に設定されている金融機関では年収400万円で3,031万円まで借入できる計算となります。

一方、住宅金融支援機構のフラット35では審査金利が実際の金利と同じ金利で設定されているため、借入可能額も大きく計算することができます。

例えば、実際の金利が1.1%であれば審査金利も1.1%となり、年収400万円で4,065万円まで借入が可能となります。

意外と多く借入できると感じるのではないでしょうか。

借入額は「毎月いくら返せるか」から考えよう

上記は計算上の数字であり、特に民間の金融機関では上記返済負担率や審査金利より厳しい基準を設けていることが多いです。

実際には、上記の数字より低い借入可能額となることが多いでしょう。

また、例え借入可能額が多くとも実際に借り入れる額は、実際に生活を送っていく上で「毎月いくら返せるか」から算出するようにすることをオススメします。

年収400万円の人の場合、ボーナス等を除いた付きの手取り額は20万円程度の人が多いでしょう。

ここでフラット35の借入限度額である4,000万円借りてしまうと月々11.5万円の返済となり、その他の生活費の一切を毎月8.5万円でやりくりしなければならず、現実的ではありません。

今の家賃などから比較して、毎月いくらまでなら返済に回せるかシミュレーションしてみると良いでしょう。

まとめ

住宅ローンの借入可能額は、返済負担率の計算の関係で年収400万円を超えると多く借入できるようになるのが一般的です。

ただし、計算上は多く借入できるからといって、たくさん借りるのはその後の生活のことを考えても危険です。

実際には、借入可能額からではなく、「毎月いくら返済できるか」を考えて借入額を決めると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする