20代から家を建てるのが正解?20代で家を建てるメリットとデメリット

最近の住宅ローンの低金利化により、自己資金が少なくても、お得に家を建てることができるようになっています。このため、20代からでも家を買うことが簡単になっています。

今回は20代で家を買うことのメリットやデメリット、その方法などについてお伝えします。

20代で家を買うのがおすすめな理由(メリットとデメリット)

スポンサーリンク

住宅ローンの低金利化により20代でも家を購入するのが簡単になってきているとはいえ、実際には住宅購入者の大半を占めるのは30代です。

住宅金融支援機構の「民間住宅ローン利用者の実態調査」によると、2016年度(第1回)民間住宅ローンの年代別住宅ローン利用者は20代が全体の6.6%。30代が53.8%、40代が33.0%、50代が6.6%で、フラット35利用者(第1回)は、20代が4.7%、30代が59.1%、40代が30.9%、50代が5.4%となっており、20代の占める割合はかなり少なくなっています。

しかし、20代から家を買うのにはメリットもあるのも事実です。

住宅ローンは数十年に渡って返済していくものなので、安易に家を買うのは危険ですが、そのメリットとデメリットを把握した上で検討することが大切だと言えるでしょう。

ここでは、20代から家を買うメリットとデメリットをお伝えします。

20代で家を建てることのメリット

20代で家を買うメリットには以下のようなものがあります。

65歳までに完済できる

20代で家を買うメリットとしてまず挙げられるのが、早く返済を始める分、早く返済を終えられるという点です。

20代前半で35年の住宅ローンを組んだとしても遅くとも60歳までに、20代後半でも65歳までには完済することになります。

30代以降だと、35年後には65歳を超えていることになり、働いて返すこともできず、老後資金の一部を切り崩さなければならない可能性が高いでしょう。

また、当初の予測よりも収入が増えた場合には繰上返済をして早く完済したり、土地の価格が上がれば途中で売却して住替えたりするなど、幅広い対応が可能です。

もしもの時でも家が残る

家族が居て、一家の大黒柱として働いているのであれば万が一自分が死んだ後の家族の心配もあります。

通常であれば生命保険に加入して、仮に自分が死んだ後も家族に負担が掛からないようにしますが、住宅ローンを組むことで生命保険の代わりとすることもできます。

住宅ローンには、通常団体信用生命保険と言って借りている人が亡くなった場合に残りのローンを0円とすることのできる保険が付いています。

これは、借金が0円になるというだけでなく、家族に住む家を残すこともできますし、いざとなったら売却してまとまった資金を得ることもできるので、若い内から掛け捨ての生命保険に加入するよりずっとお得だと言えるでしょう。

自分の資産のためにお金を使える

賃貸に支払う家賃はその家の大家さんに支払っているものですが、住宅ローンを組んで家を買った場合、毎月の支払は自分の資産のための支払いとなります。

できるだけ早く家を購入して自分の資産のためにお金を払った方が、他人に支払うお金を少なくすることができます。

スポンサーリンク

20代で家を建てることのデメリット

20代は出産や転勤、転職、もしくは離婚などまだ不確定な要素が多いなど、20代で家を買うのにはデメリットもあります。

子育て費用や転職による収入減

どの年代で購入してもその先のことは分からないのは当然ですが、20代の場合子供が生まれたり、転勤したり転職したりするなどして生活が大きく変わる可能性が高いと言えるでしょう。

転勤で購入した家から通うことのできない職場になってしまった場合、住宅ローンの支払いと単身赴任による家賃との2重払いになる可能性もありますし、子供が生まれれば出費が増え、転職や離婚の場合収入が減ってしまう可能性があります。

このような場合、家を所有したまま誰かに貸し出したり、売却したりすることで解決できる事も多いため、将来売却したり貸したりできる物件かどうかも検討材料に入れると良いでしょう。

年収が低いためお金をかけられない

20代で家を買う場合、まだ年収は低いことが多く30代や40代で家を買うより安いものしか買えない可能性が高いでしょう。

上記のように生活が大きく変わる可能性も高い20代の場合、特に将来売却したり貸し出したりできる家が良いのですが年収が低いとそうした良い物件を購入することは難しくなります。

借金に慣れてしまう可能性も

住宅ローンは家賃と似たようなものなので忘れがちなのですが非常に高額な借金です。

住宅ローンを利用して簡単に住宅を買えてしまう体験を20代のうちにしてしまうと、結婚式費用や出産費用、自動車の購入費用などまとまった資金が必要な際に地道にお金を貯金して買うのではなく、ローンで借りれば良いという借りグセがつかないようにしなければなりません。

スポンサーリンク

 ホームズくんのCMでおなじみ、不動産情報サイト
LIFULL HOME’Sの住まいの窓口では、家づくりのプロに完全無料で相談することができます。

「住宅会社に行くと営業されるのが怖い」という方も多く、住宅会社に行く前に第三者の相談を受けられるこのスタイルは高い人気があります。

ハウスメーカーは通常テレビCMなどに広告費を支払っていますが、住まいの窓口はご成約時のみ、ハウスメーカーから紹介料を受け取って運営されています。

住まいの窓口利用者は最初から最後まで無料で利用でき、ハウスメーカーは広告費を節約できるというWIN-WINの関係で安心して利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする