あって良かった収納と無くても良かった収納

家を建てる際には多くの収納が欲しくなるものですが、ただ多ければ良いというものではありません。

実際に家を建てたお客様の話を聞いてみると、住んでみてからあって良かったと言われることの多い収納と無くても良かったと言われることの多い収納があります。

今回はあって良かったと言われることの多い収納と無くても良かったと言われることの多い収納についてお伝えします。

住んでみてから感じた収納

スポンサーリンク

実際に住んでみての感想でよく聞かれるものをお伝えします。

あって良かったと言われることの多い収納

まず、あって良かった収納スペースについてお伝えします。

キッチン下収納

最近ではキッチンは対面キッチンが多く、対面キッチンのリビング側の下にはスペースがありますがここに収納があると何かと重宝します。

使い方としては、食器を収納したり、本棚にしたり、飾り棚にしたりといった方法が考えられますが、それ以外にもリビングについつい散乱しがちな生活用品の一時収納場所として使うとリビングが散らかるのを防ぐことができます。

洗面所の収納

洗面所の収納棚はあるとないとでは利便性に大きな違いが出るのではないでしょうか。タオルやパジャマ、下着などを置いておけば寝室と洗面所を行ったり来たりするような無駄を省くことができます。

廊下の収納

収納場所として考えておきたいのが掃除機の収納場所で、そのために廊下に物入れをつくっておくと便利です。

この物入れは掃除機以外にも扇風機や加湿器など季節限定のものを収納しておく場所として使えるでしょう。

廊下に物入れを作る際には具体的に何を入れるか考えておき、また将来のことも考えて少し大きめにしておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

無くても良かったと言われることの多い収納

一方、無くても良かったと言われることの多い収納には以下のようなものがあります。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは何も入っていない状態だと広く便利に使えるように感じますが、実際に利用するのは棚のあるスペースがほとんどで歩くスペースが無駄に感じてしまうことがあるようです。

ウォークインクローゼットは小さなものから大きなものまで入れられるという利点があり、とりあえず作っておくと良いと考えがちですが、面倒でもどんなものを収納に入れる予定があるのか想定しておくと良いでしょう。

飾り棚

次に無駄になってしまいがちなのが飾り棚です。

最初はいろいろと飾っていたもののその内面倒で飾らなくなってしまったというケースもあるようです。

本当に飾り棚が必要かどうか良く検討するようにしましょう。

収納は生活動線を考えて決めよう

収納スペースを設ける際には、本当に必要かどうか、と生活動線を考えて便利な位置にあるのかの2点で考えると良いです。

何を入れる予定の収納か

主寝室や子供部屋など居室に1つずつは収納があると良いですが、それ以外に廊下や和室に収納を作る場合やパントリー、洗面所の収納等作る等にはその収納を何に使うのか、本当に必要かどうか検討してみるようにしましょう。

生活動線上便利な位置にある収納か

また、収納を設ける際には生活動線を考えて便利な位置にあるかどうかを考えるようにします。

例えば廊下に収納を設ける場合、1階に作るのであれば掃除機など家事に必要なものを収納することを考えて、キッチンや洗面所の近くに作ると良いでしょう。

2階廊下に収納を設ける場合には季節外れの布団や毛布を入れることを考えて、それぞれの居室から近い位置にあると良いかもしれません。

このように、その収納をなぜ作るのか、何のために使うのか考え、便利な位置に作るようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

 ホームズくんのCMでおなじみ、不動産情報サイト
LIFULL HOME’Sの住まいの窓口では、家づくりのプロに完全無料で相談することができます。

「住宅会社に行くと営業されるのが怖い」という方も多く、住宅会社に行く前に第三者の相談を受けられるこのスタイルは高い人気があります。

ハウスメーカーは通常テレビCMなどに広告費を支払っていますが、住まいの窓口はご成約時のみ、ハウスメーカーから紹介料を受け取って運営されています。

住まいの窓口利用者は最初から最後まで無料で利用でき、ハウスメーカーは広告費を節約できるというWIN-WINの関係で安心して利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする