最近の木の家は断熱性も高いって本当?木の家のメリットとデメリット

注文住宅を考える際、木の家か鉄の家という2つの選択肢がありますが、ほとんどの方が木の家を選ばれています。

日本においては木の家を扱っている工務店が圧倒的に多いのですが、実際木の家にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は木の家のメリットとデメリットをお伝えします。

 

 

木の家にあるメリットとデメリット

スポンサーリンク

木の家と言えば昔ながらの家づくりで、安くで建てられるものの強度や性能に不安を感じる、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その考えもある面では正解なのですが、最近の住宅は開発が進み木の家でも鉄の家と同じかそれ以上に性能が高いこともあります。

性能面に関しては木の家だからといって不安を感じる必要はありません。

木の家を選ぶ際には、性能面以外のぬくもりや肌触りといった点に注目すると良いでしょう。

↓木造と鉄骨造、RC造などについて解説しています。

鉄骨造と木造の特徴とそれぞれのメリット・デメリット

 

木の家のメリット

木の家には建築費用が安いといったことの他、リラックスできたり吸湿効果があったりといったメリットがあります。

 

 

木の家は建築費用が安い

木の家は鉄の家と比べて素材そのもののコストが安く、素材そのものに断熱性や吸湿性があるため断熱材の量も減らすことができることから建築費用を安く抑えることができます。

ハウスメーカーや工務店の数も木の家を建てる会社の方が圧倒的に多いこともコストを抑えられる一つの理由となっています。

使用する木材や、導入する設備にもよりますが同程度の設備であれば木の家は鉄の家と比べて坪単価で10万円程度は安く建てることができると考えて良いでしょう。

 

木の家は完成後のリフォームやリノベーションがしやすい

木の家の中でも、特に在来工法とも呼ばれる工法の特徴ですが、新築時に比較的自由に設計できると共に、入居後にリフォームやリノベーションする際にも自由度高く増改築することができます。

子供が増えた時や、逆に子供が独り立ちした後などライフスタイルに合わせた間取りの変更もしやすいでしょう。

木の家を扱う工務店やハウスメーカーが多いこともありリフォームやリノベーションに対応してくれる会社も多いこともメリットとなります。

 

木の家は実は断熱性が高い

素材としての木は鉄やコンクリートに比べ、熱伝導率が低く断熱性が高い素材です。

鉄やコンクリートを熱い中に置いておくとすぐ熱くなるし、寒い中に置いておくとすぐ冷たくなるのはなんとなく想像できるのではないでしょうか。

最近では断熱材の性能も高くなり木の家と鉄の家で断熱性能に大きな差は見られなくなっていますが、木の家と比べると鉄の家は多くの断熱材を入れる必要があるためコストが高くなってしまうのです。

 

木の家は精神的な部分でもメリットがある

また、木の家が住む人に与える精神的な部分でのメリットも見逃せません。

木の色や優しい木目、自然の肌触りは住む人をリラックスさせるでしょう。

また、木には吸湿効果があるため部屋の湿気を調整し、アトピー性皮膚炎や気管支喘息の原因ともなるダニやカビの発生を抑えることができます。

さらに、木の香りにはフィトンチッドという成分があり殺菌したり心を落ち着かせ臭いを消したりする作用もあります。

スポンサーリンク

木の家のデメリット

一方で木の家にはデメリットもあります。

 

木の家は耐久性や耐震性で劣る

一般的に木の家は鉄の家と比べて耐震性に劣ります。

素材としての頑丈さから鉄の家は木の家と比べて耐震性が高く、耐久性についても木の家は雨風により構造体が劣化してしまったり、シロアリの被害を受けてしまったりするリスクが高く、鉄の家の方が勝ります。

とはいえ、木の家もきちんとした木材を使って適切な工事を行えば雨風による被害やシロアリ被害にも耐えられ、また木の家の方が鉄の家よりも軽量なこともあり間取りの造り方によっ鉄の家より高い耐震性を備えた家を造ることも可能です。

最近では耐久性や耐震性を高める手法をハウスメーカー、工務店各社が開発しており、その傾向はより強くなっています。

 

木の家は品質にばらつきがある

木の家は施行できる工務店やハウスメーカーが鉄骨住宅と比べると圧倒的に多く、このことはメリットでもありますが一方で小さな工務店、ハウスメーカーでも着工が比較的容易なことから、中には劣悪な業者がいる可能性も高くなってしまいます。

施行実績の少ない工務店に建築を依頼する際には注意が必要です。

 

木の家はシロアリ対策が必要

シロアリは湿気の多い場所や湿気を含んだ木材を好むため、木の家の中で湿気のたまりやすい場所にはシロアリ対策をすることが大切です。

建物の構造部分と外壁の間に入れる断熱材の素材についてもシロアリに強い断熱材、弱い断熱材があるため素材選びにも力を入れると良いでしょう。

木材自体をヒノキやヒバなど比較的防シロアリ効果の高い素材にすることも一つの手です。

 

木の家の吸湿効果で木が変形してしまうことも

木には吸湿機能があり、家の中の湿度が一定の保たれやすくなるというメリットを持ちますが、一方で吸湿機能があることがデメリットにもつながります。

木は周囲の湿気を吸って収縮と膨張を繰り返すため、木の変形によってゆがみが生じてしまい、家の構造が弱くなってしまうことがあるのです。

これについては事前にしっかりと乾燥させた乾燥材を使ったメーカーを選ぶなど、ハウスメーカーや工務店の担当者に良く相談するようにしましょう。

 

まとめ

木の家にはメリットとデメリットがありますが、日本においては木造住宅が圧倒的に多いこともあり、総じて木の家のデメリットは解消する方向に開発が進められています。

大空間を造る必要性がある場合や鉄の頑丈さが欲しい場合などを除いて木の家には大きなデメリットは無いと言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です