家を買うのはタイミングが大事?ライフプランニングや資金計画を考えよう

家を買うベストなタイミングはいつでしょうか。

子供が生まれた時、小学校に上がる時、親と二世帯住宅を建てる時、完済時に65歳以上となる年齢になった時など人によってさまざまでしょう。

今回は、家を買うベストなタイミングを知るための方法についてお伝えします。

家を買うベストタイミングはいつ?

スポンサーリンク

家を買おう、と思い立った際できればハウスメーカーや工務店、不動産会社に相談に行く前に確認しておきたいことが2つあります。

それは、ライフプランニングについてと、資金計画についてです。

ライフプランニングをしてみよう

家づくりを始めるにあたり、仕事や結婚、子供のこと、老後のことなど自分の将来について考えてみることをおすすめします。

ライフプランニングで生涯のキャッシュフローを確認する

住宅購入では30年~35年といった長期間に渡って住宅ローンを利用することになります。

仕事において転職や独立を考えている場合や、お子様の進学タイミング、仕事を退職する年齢など分かる範囲で書き出してみましょう。

転職した場合、独立した場合に想定される年収やお子様を公立の学校に通わせるのか、私立なのか、その学費はいくらなのか、また退職金はいくらで退職後にはどの程度貯蓄が残っているのかなど考えます。

また、それ以外にも車は何年周期で買い換えるのか、旅行には何年に1回行きたいのか、どの辺りに行きたいのか、お子様の習い事は何をさせるのかなども忘れずに考えておくようにします。

そうして、3年後にお子様の進学があるがその時に住宅ローンの返済が負担にならないか、またお子様が大学に行く頃には学費も捻出できるのかどうかなど検討してみましょう。

スポンサーリンク

住宅購入にかけられる費用を算出する

ライフプランニングをして、月々いくらまでなら返済していけるのかを割り出したら、住宅購入にかけられる費用を算出します。

毎月の返済額から考えよう

家を買うにあたって、「購入したい家が見つかってから資金計画を考える」より、「ライフプランニングをしてみたところ、月々いくらまで支払えると分かってから資金計画を考える」のでは大きな違いがあります。

月々の返済額が年収に対してどの程度なのかの比率を表す指標として、返済負担率があります。

返済負担率は、毎月の住宅ローン支払額の1年間分を年収で割って求めることができます。

この返済負担率は、住宅ローンの審査においても利用されるのですが、多くの金融機関で30%~40%程度が返済負担率の上限として定められています。

例えば、返済負担率の上限を35%と定めている場合、計算上、年収400万円の人は年間140万円、月々11万円程度まで借り入れすることができてしまうのです。

奥様がパートで働くなど何の対策もしないまま年収400万円の人が月々11万円支払うローンを組んで購入してしまうのは非常に危険だと言えるでしょう。

追加費用が大きくならないよう注意

また、住宅購入を検討し始めると、当初考えていた購入費用以外に、リフォーム費用や外構費用、家具・家電などさまざまな追加費用が発生することがあります。

もちろん、これは購入する側が気を付けていれば問題ないのですが実際に購入を決断した後は気が大きくなってしまうものです。

必要なものであれば追加費用も支払うべきですが、本当に必要なもの以外に余計なお金を払ってしまわないためにも、一度ライフプランニングをして自分が支払える額を計算しておけば、追加費用を支払うかどうかの判断もしやすくなります。

スポンサーリンク

 ホームズくんのCMでおなじみ、不動産情報サイト
LIFULL HOME’Sの住まいの窓口では、家づくりのプロに完全無料で相談することができます。

「住宅会社に行くと営業されるのが怖い」という方も多く、住宅会社に行く前に第三者の相談を受けられるこのスタイルは高い人気があります。

ハウスメーカーは通常テレビCMなどに広告費を支払っていますが、住まいの窓口はご成約時のみ、ハウスメーカーから紹介料を受け取って運営されています。

住まいの窓口利用者は最初から最後まで無料で利用でき、ハウスメーカーは広告費を節約できるというWIN-WINの関係で安心して利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする