注文住宅と建売住宅はどう違うの?それぞれのメリット・デメリット

一戸建てを買う場合、土地を探してその土地の上に注文住宅をする方法と、土地と建物セットの建売を購入する方法の2つがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は注文住宅と建売それぞれのメリット・デメリットについてお伝えします。

注文住宅と建売住宅を比較

スポンサーリンク

注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットを比較してみます。

注文住宅

スポンサーリンク

施主様の要望を細かく反映させやすい注文住宅ですが、注文住宅は建売と比べてお金がかかると聞いたことがあるかもしれません。実際はどうなのでしょうか。

注文住宅の3つのメリット

注文住宅のメリットは、希望の間取りや構造、外観の雰囲気やキッチン・お風呂などの住宅設備機器を全て自由に決められる点にあります。

建売だと、どうしても一般的なものになりがちですが自分のこだわりを反映しやすく、耐震性にこだわりたい場合などお金をかければ住宅の性能を高めることも可能です。

また、注文住宅は着工から完成まで現場に足を運べば自分の目で見ることが出来るという点もメリットだと言えるでしょう。

オーダーメイド

注文住宅はオーダーメイドなので、「リビングの大きいお家にしたい」「吹き抜けを設けて開放感のあるお家にしたい」「外観を純和風にしたい」「中庭のあるお家にしたい」「駐車場を4台程欲しい」といった要望に沿った間取りにすることができ、またそれらを組み合わせることもできます。

予算をコントロールできる

住宅にはさまざまな建築資材が使われますが、注文住宅ではある程度自由にそれらの建築資材を選ぶことができます。

「床は全面無垢材にするけど、天井は壁紙で良い」「キッチンにはお金をかけるけどお風呂は一般的なもので良い」など、こだわりたい部分には費用をかけ、こだわらない部分は安く抑えることが可能です。

建築途中を見られる

注文住宅であれば着工から完成まで工程表が渡され、着工中は自由に現場に立ち寄ることができるため建物の工事がしっかり進められているかを自分の目で確認することができます。

注文住宅はお金がかかる?

一方、注文住宅は建売と比べるとお金がかかると聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません。これは、半分正しく、半分は間違いです。

つまり、注文住宅すればイコール高くなる、というわけではなく自分のこだわりを少しずつ加えていく中で価格が高くなりがちだということです。

逆に、安い素材を選ぶことで価格を安くすることもできるため、予算を調整できるという点ではメリットだとも言えるでしょう。

ただし、住宅ローンを利用する場合つなぎ融資として事前に着工金や中間金を支払う必要があるためその分は建売と比べてプラスとなってしまいます。

また、上記3つのメリットの裏側とも言えますが自由度が高すぎて売却時に売りづらかったり、良いものを入れすぎて高くなってしまったり、契約からお引渡しまで時間が掛かりすぎる点が挙げられます。

スポンサーリンク

建売住宅

建売は土地と建物をセットで購入する方法で、実際に実物を見て購入することができます。一方、建売は多くの人に気に入ってもらえる間取を目指すことが多く、あまり特徴のない間取りとなってしまいがちです。

建売のメリットも基本的には注文住宅のメリットの裏返し、建売のデメリットは注文住宅のデメリットの裏返しだと言えます。

建売は契約から1カ月程で引越しでき、注文住宅のようにあれこれ考える必要がありませんが、予算を自分で決めることができず、余計なものがついていたり、逆に豪華すぎるものがついていたりすることがあるでしょう。

建売住宅は完成した状態を見られる

建売のメリットは、何といっても実際に実物を見て購入できるという点があるでしょう。注文住宅では間取りや構造、住宅設備機器だけでなく外壁や壁紙、フローリングの色など全て自分で決めていくことになります。こうしたことを考えるのは大変ですし、予想したものと違ったということも起こりがちです。

もちろん、全て自分の思い通りとはいかないため自分の理想と違うところは妥協できる方には安心して購入できる方法だと言えるでしょう。

建売住宅は無難なものになりがち

建売のデメリットは、一般的に建売は多くの方に気に入っていただくことを目指すため、子供が2~3人いる4人~5人家族向けの間取りであったり、おしゃれだけどあまりお金のかかる素材は使われていなかったりと無難な仕上がりとなっているものが多いです。

一部だけ自分の好みにリフォームすることもできますが、すでに出来上がっているものの上から工事することになるため二重に費用が発生してしまうことになります。

このように、建売はいろいろ自分で決めるのが面倒な方や、すでに完成してある住宅に対して自分を合わせていける方におすすめの方法だと言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする