相続した不動産を売却する時ってどう進めれば良いの?

相続した不動産は持ち続けているだけで固定資産税がかかり、また使用していないとどんどん荒れてしまうため、早く売却の手続きを進めた方が金銭的には得することが多いです。

今回は相続した不動産を売却する際の流れや注意点についてご紹介します。

 

 

相続した不動産を売却するには

スポンサーリンク

相続した不動産を売却する際、どのような流れで手続きを進め、またどのような点に注意すると良いのでしょうか。

 

相続の登記

不動産の相続が済んだ後の相続の登記はいつまでにしなければならない、と言う決まりがありません。

相続後登記がなされていない不動産もたくさんあるのですが、不動産を売却するには所有権が移っていなければなりません。

そのため、不動産を相続したら最初に相続の登記を進める必要があります。

相続の登記をしておかないと他の相続人が自分の持分だけ勝手に登記していまうと言う可能性もあります。

相続登記の手続きは自分ですることもできますが、複雑な作業になりますので、司法書士や弁護士など専門家に依頼するのが良いでしょう。

登記費用など事務所によって変わってくるので複数の司法書士に見積もりを依頼しても良いでしょう。

 

相続した不動産の売却

相続した不動産の名義を自分の名義に変更した後は普通の不動産を売る手続きと変わりません。

遠方の場合などは遠方でも対応してくれる不動産業者に連絡を取り仲介を依頼すると良いでしょう。

不動産業者を利用して不動産を販売する場合には仲介手数料を支払う必要があります。

マイホーム売却の手続きについて流れを丁寧に解説

スポンサーリンク

相続税の取得費加算の特例

不動産を売却して売却益がでた場合には売却益に税金がかかりますが、相続で取得した不動産の場合、軽減できる特例があります。

この特例を受けるためには相続税の申告期限から3年以内に不動産を譲渡している必要があります。

 

相続した不動産が共有名義だった場合は?

父親や母親の不動産を単独相続した場合は良いのですが、家族や兄弟で共有相続した不動産はトラブルに発展するケースも多いようです。

特に多いのが共有相続したものの、兄弟の誰かが実家に住んでいて、他の兄弟は遠方に住んでいるというケース。

こうした場合、実家に住んでいる人間は住む場所を失ってしまうので売却に反対する場合が多いのです。

残った親の面倒をみている場合なども争いのもとになるでしょう。

不動産の相続時にはできるだけ共有名義はさけて、長男は不動産、次男は現金、三男はその他の財産など分けて相続するのが賢明です。

 

まとめ

相続した不動産の売却は、相続手続きが終わった後は通常の不動産を売却する手続きと変わりません。

相続登記をしっかりしているかや、共有相続している場合、持分はどうなっているのかなど確認して、無用なトラブルを避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です