住宅ローンの制度や金利

住宅ローンの残債があっても新しく住宅を買える?ダブルローンの注意点を解説

住宅ローンを組んでマイホームを購入しているものの、新しい住宅を新しい住宅ローンで購入する場合、残債に気をつける必要があります。

残債を完済するためにマイホームを売却する必要がありますが、売却が終わる頃には新しい住宅がすでに売れてしまっている場合もあります。

上記のようなケースではダブルローンを活用する方法もあります。

 

 

ダブルローンって何?

スポンサーリンク

ダブルローンとは元のマイホームの住宅ローン残債を残したまま、新しい住宅を購入するための住宅ローンを組む方法のことです。

一般的には、現在のマイホームを売却して住宅ローンを完済し、新しい住宅を購入する必要がありますが、ダブルローンを利用すれば欲しい住宅を先に購入して、後から元のマイホームを売却することも可能です。

しかし、ダブルローンの利用にはいくつか気をつけなければならない点もあります。

 

ダブルローンは2つの住宅ローンを支払わなければならない

ダブルローンは元のマイホームの住宅ローンを残しながら新しい住宅ローンを組むため2つの住宅ローンを支払わなければなりません。

「ダブルローンを組んですぐに売るつもり」で進めるにしても、不動産の売却はいつ成約になるか分からないものなので注意が必要です。

ダブルローンを組んでしまったことが原因で早く売却しなければならなくなり、相場より安い金額で売却してしまった、ということにもなりかねません。

可能な限り、2つの住宅ローンを余裕を持って支払えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

元の住宅ローンを完済できなければならない

住宅ローンの残債のあるマイホームの売却は、マイホームの売却資金と手持ち資金を合わせて住宅ローンの残債額に達しなければなりません。

新居の購入で経費を支払ったり、家具や家電を揃えたりして手持ち資金を使い、後でマイホームを売却するケースでは、売却価格だけで住宅ローンの残債を完済できなくなってしまってはどうしようもなくなります。

想定の金額でマイホームが売却できなかった場合、値引きをしていくことになりますが、住宅ローンの残債を割ってしまうがために値引きができず、ずっと売れなくなってしまう可能性もあります。

 

ダブルローンはそもそも審査が厳しい

ダブルローンは、そもそも2つ分の住宅ローンを支払っても払っていけるだけの年収や勤務先である必要があります。

金融機関の審査を受ける前に、返済負担率や審査金利の条件を満たしているかどうか確認しておきましょう。

返済負担率と審査金利で借入可能額を計算する方法住宅ローンの審査では様々な項目がチェックされますが、年収に対していくらまで返済できるのかを表す返済負担率もそうした項目の一つです。 ...

 

仮住まい利用やつなぎ融資利用も

このようにダブルローンは便利ではあるもののリスクもあります。

一般的には、マイホームを売却して新居を購入したい場合、マイホームを売却してから新居を探すか、もしくは購入と売却がある程度固まってから、つなぎ融資による方法で売り買いをするのが安全です。

ダブルローンの利用を検討する場合、最悪元のマイホームが売れなくてもローンを払い続けることができるよう資金計画を立てるようにしましょう。

買い換えローンで住宅ローン残債分も借りられる?マイホームの住み替えでは、マイホームを先に売るか、新居を先に購入するかで手続きの流れが異なります。 通常であればマイホームを売却し...

 

まとめ

ダブルローンは手続きが手軽なものの、支払額が大きくなってしまうことや、仮に想定の金額でマイホームが売れなくなってしまった時に注意が必要です。

ダブルローンの利用は余裕のある資金計画を組んで検討するようにしましょう。

スポンサーリンク