注文住宅の売却

仲介手数料無料の不動産会社があるって本当?どうやって実現しているの?

仲介手数料は、売買価格が400万円以上の場合、売買価格の3%+6万円+消費税という上限が設けられています。

一方、昨今では仲介手数料を半額〜無料とする不動産会社も見られます。

不動産仲介では仲介手数料の上限額を受け取るのが一般的である中、こうした不動産会社はどのようにして仲介手数料半額〜無料を実現しているのでしょうか。

 

 

仲介手数料無料にはカラクリがある?

スポンサーリンク

仲介手数料無料にはどのようなカラクリがあるのでしょうか。

↓最初に仲介手数料についてはこちらを確認しておきましょう

仲介手数料の支払額や値引き交渉、支払うタイミングについて解説不動産を売買すると、不動産の売買価格以外に様々な経費がかかりますが、それら経費の中でも仲介手数料は大きな額になりがちです。 仲介手...

 

インターネットを利用することで広告費を削減

不動産会社が物件の売却を進めるにあたり大きなものが、物件を広告するための広告費です。

より多くの人に物件の情報を届けることがであり、こうした物件の広告は新聞や雑誌、チラシに掲載するために広告費用が発生します。

しかし、昨今ではインターネットによる広告も発展し、実際の成約もインターネット経由によるものが多くなってきました。

インターネットへの物件掲載は自社でホームページを持っていたら新しく発生する広告費用はありません。

インターネットの登場〜浸透が仲介手数料の削減に一役買っていると言えます。

 

インターネット浸透による知識の向上

インターネットの浸透が仲介手数料の削減に一役買っている点がもう一つあります。

それは、不動産会社を利用する買主や売主の不動産売買に関する知識が向上しているという点です。

不動産仲介手数料は言うなれば、不動産会社に支払うコンサルタント料みたいなもので、不動産会社は依頼を受けることで売買に対して責任を負うことになります。

スポンサーリンク

昔は、一般の消費者がこうした専門知識を得る機会はあまりなく、一生にそう何度もあるわけではない不動産売買に関して詳しい消費者はほとんどいませんでした。

しかし、インターネットの普及により一般の消費者でも不動産売買に関する知識を得られ、また分からないことがあれば調べることも可能になりました。

最近の仲介手数料無料や半額といった不動産会社の登場は、こうした流れを反映したものだとも言えます。

とはいえ、不動産の売買は権利関係や瑕疵担保責任など知識だけではどうにもならない部分もあるため、専門家に頼ることも忘れないようにしましょう。

 

不動産会社が十分に報酬を受けられれば安くできる

先にお伝えしたように、不動産会社は仲介手数料が飯の種なので無料としてしまってはすぐに潰れてしまうでしょう。

実際、不動産会社で仲介手数料を無料としている場合は、「売主と買主両方から仲介手数料を受けられる」場合で、「その内の一方を無料とするか、半額ずつにする」といった手法で仲介手数料無料〜半額を実現しているところが多いようです。

実際には広告などで見かける仲介手数料無料という触れ込みは、買主に対しての場合がほとんどで、買主の仲介手数料無料は、売主から仲介手数料を受け取ることで実現しています。

 

仲介手数料無料~半額の会社ってどんな会社?

仲介手数料無料〜半額の会社は、広告費削減や経費削減といった経営努力を積み重ね、消費者の要望を取り入れるための努力をしている会社だと言えるでしょう。

もちろん、仲介手数料の上限額を受け取っている会社が頑張っていないというわけではありません。

そうした会社の中には手厚いサービスを売りにしている会社もいるでしょう。

仲介手数料が高くても安くても、利用者が納得するサービスを行っている会社が生き残っていると言うこともできます。

 

まとめ

不動産売買時に支払う仲介手数料は結構な額となるため、可能であれば安く抑えたいところですが、値引き交渉をしてもあまり受け入れられないことが多いものです。

昨今では仲介手数料無料や半額としているところもあるため、うまく活用していくようにしましょう。

スポンサーリンク