注文住宅の売却

仲介手数料の支払額や値引き交渉、支払うタイミングについて解説

不動産を売買すると、不動産の売買価格以外に様々な経費がかかりますが、それら経費の中でも仲介手数料は大きな額になりがちです。

仲介手数料についてしっかり理解して失敗の無いようにしましょう。

 

 

仲介手数料とは?

スポンサーリンク

仲介手数料は、不動産売買時に不動産会社に仲介を依頼した際、不動産会社が売買契約を成立させた成功報酬として支払うものです。

不動産を売却したいと思った売主は、不動産の売却の一切を不動産会社に一任することが一般的です。

売主は、最初にいくつかの不動産会社に物件を査定してもらい、査定をお願いした不動産会社の中から売却の仲介を依頼する会社を決めます。

 

仲介手数料は売買が成約しなければ請求されない

不動産の仲介を依頼する不動産会社を決めたら、不動産会社は自社のインターネットやチラシに物件を掲載したり、独自のネットワークを使って売買を成約させるために活動していきます。

購入希望者への物件の案内や説明も不動産会社が行うため、売主は基本的には待っているだけで大丈夫です。

売却活動の後、無事売買契約が成立となればそこで初めて仲介手数料を支払う義務が発生します。

仲介手数料は成功報酬なので売買契約が成立しない限りは仲介手数料を請求されることはありません。

なお、買主側は、不動産会社が物件を掲載したインターネットやチラシを見て物件の購入を決めた場合、同様に不動産会社に対して仲介手数料を支払う必要があります。

 

仲介手数料はどれくらい払うの?

仲介手数料は、以下のように法律で上限が決められています。

上限なので、上限以下であればいくらでも構わないのですが上限額で設定している不動産会社がほとんどです。

仲介手数料の計算

売買代金 仲介手数料
200万円以下の部分 5%+消費税      =5.4%以下の額
200万円を超え400万円以下の部分 4%+消費税      =4.32%以下の額
400万円を超える部分 3%+消費税      =3.24%以下の額

スポンサーリンク

仲介手数料の計算では、上記のように200万円以下の部分と400万円までの部分、400万円を超える部分について考え例えば3,000万円で売却できた場合は以下のように計算して合計額を計算します。

200万円以下の部分 200万円×5.4% 10.8万円
200万円を超え400万円以下の部分 (400-200)万円×4.32% 8.64万円
400万円を超える部分 (3000-400)万円×3.24% 84.24万円
合計 103.68万円

こうして計算すると、3000万円の仲介手数料の上限が103.68万円であると計算することができます

なお、上記計算式には簡易版が存在し、売買価格が200万円以下の場合仲介手数料は5%+消費税、200万円を超え400万円以下の場合、4%+2万円+消費税、400万円を超える場合は3%+6万円+消費税となります。

3,000万円の場合、3,000万円×3%+6万円+消費税で、上記計算と同じ103.68万円と計算することができます。

↓不動産仲介会社によって片手や両手、あんこといった仲介手数料の受け取り方があります。

両手、片手、あんこなど仲介の3つの形について解説不動産の売買では、専門知識が必要となることから売主も買主も不動産仲介会社を利用するのが一般的です。 不動産の売買においては不動産仲...

 

仲介手数料は値引きできる?

仲介手数料の上限額についてお伝えしましたが、3,000万円を超えると仲介手数料も100万円を超えると知り、高いと感じた方も多いのではないでしょうか。

不動産の仲介手数料は上限額を支払うことがほとんどですが、不動産会社の中には仲介手数料を半額としたり、無料としたりして競合他社との差別化を図っている会社もあります。

仲介契約を締結する前に、不動産会社に値引きの交渉をしてみても良いでしょう。

但し、仲介手数料の値引き交渉をする際にはいくつか気をつけておきたいことがあります。

 

仲介手数料の値引き交渉は最初に行うこと

不動産会社は仲介手数料で飯を食べています。

不動産の契約を成約させるまでにはチラシに物件を掲載したり、物件の案内時には車を出したりして費用を払っています。

そうして出費と苦労を重ねて成約したところで仲介手数料の値引きをされても聞き入られるものではありません。

そうした、気持ちの面もありますが仲介契約では最初に契約を結び、そこで仲介手数料の額についても合意する必要があります。

後で何を言っても契約上、不動産会社が納得しなければ値引きできません。

仲介手数料の値引き交渉を行う際には仲介契約を結ぶ前に行うようにしましょう。

 

今後も仲介を依頼したい場合には値引き交渉をしない方が無難

不動産の取引がうまくいくかどうかは担当者の力量にかかっています。

腕のある担当者は貴重な存在であり、彼らは仲介手数料を多く支払ってくれる依頼者の仕事に優先して取り組むのが普通です。

今後も取引を継続したと思っているのであれば、仲介手数料の値引き交渉はしない方が無難です。

↓仲介手数料の値引きについてはこちらも確認しておきましょう。

仲介手数料無料の不動産会社があるって本当?どうやって実現しているの?仲介手数料は、売買価格が400万円以上の場合、売買価格の3%+6万円+消費税という上限が設けられています。 一方、昨今では仲介手数...

 

仲介手数料を支払うタイミングは?

仲介手数料を支払うタイミングは、不動産会社によって異なります。

売買契約時には支払わず、決済時に100%支払うケースが多いですが、場合によっては売買契約時に半額を、決済時に残りの額を支払うケースもあります。

買主としては必要な経費として見積もっていることが多いですが、売主で売買代金から支払おうと考えている場合、売買契約時に受け取る手付金から経費を差し引いても仲介手数料を支払えるかどうか計算しておく必要があります。

売買契約時にはまだ住宅ローンの結果が出ていないこともありますが、ローンの否決による白紙解約の場合、仲介手数料は返還されるのが普通です。

とはいえ、そうした手続きが面倒くさく感じられる場合には決済時に100%支払う形で進められるよう交渉してみると良いでしょう。

 

まとめ

仲介手数料はほとんどの事が法律で定められており、実際には不動産会社の言う通り進んでいくことが多いですが、少しでも安くしたり、不利になったりしたくないのであればしっかり交渉を行っていくようにしましょう。

スポンサーリンク