住宅ローンの制度や金利

繰上返済には2つの方法が有る?「期間短縮型」と「返済額軽減型」を解説

住宅ローンは通常35年間など、長期にわたってローンを組み返済していくことになります。

35年もの長期に渡って住宅ローンを支払っていては、支払わなければならない利息も多く、また完済時にしっかり収入を得られているかどうか心配な方も多いでしょう。

そこで活用したいのが繰上返済です。

今回は繰上返済の2つの方法「期間短縮型」と「返済額軽減型」について解説します。

 

 

繰上返済には2つの方法がある?

スポンサーリンク

繰上返済は、毎月の住宅ローンの返済の他に、まとまった資金を返済することでローンの残債を減らす方法のことです。

住宅ローンの毎月の返済は元金と利息を両方支払いますが、繰上返済では元金のみ返済となるため、住宅ローンの総額を減らせると共に大きく利息を減らすことが可能となります。

繰上返済には借入期間を減らす「期間短縮型」と、月々の返済額を減らす「返済額軽減型」の2つの方法があります。

 

繰上返済の「期間短縮型」とは

繰上返済の内、「期間短縮型」では繰上返済をすることで住宅ローンの借入期間を短縮することができます。

月々の返済額は繰上返済の前後で変わりませんが、借入期間を短縮することで完済を早めることができるため、住宅ローンの借入期間が定年を超えているような場合には期間短縮型を選んでおきたいところです。

また、期間短縮型では住宅ローンの借入期間を短縮することで、返済額軽減型より、住宅ローン利息の総支払額を減らすことができます。

スポンサーリンク

繰上返済の「返済額軽減型」とは

繰上返済の内、「返済額軽減型」では繰上返済をすることで住宅ローンの月々返済額を減らすことができます。

借入期間は変わりませんが、毎月の返済額を減らすことができるため、お子様の進学などで毎月の支払いが厳しくなったと思っている場合に利用したい方法です。

返済額軽減型では、利息の総支払額の軽減効果は期間短縮型より小さくなります。

 

まとめ

住宅ローンでは、5年や10年など数年毎に金利の再選択をする固定金利選択型や、半年ごとに金利の改定がある変動金利などさまざまな金利タイプがあります。

金利の上昇するタイミングで完済するように期間短縮したり、金利上昇によって上がった負担を軽減するために返済額軽減するなど繰上返済を効果的に使っていくことで安心して住宅ローンを返済していくことができます。

期間短縮型と返済額軽減型の両方の特性を理解して賢く住宅ローンを完済していきましょう。

スポンサーリンク