注文住宅について

ハウスメーカー選びにもコツがある?3つのポイントをご紹介

住宅の新築を考える際、建てるハウスメーカーをどこにするか悩んでしまう方も多いでしょう。

ハウスメーカーには独自の商品や設備がありますが、数社から話を聞いた結果、結局どこが良いか分からないと言う感想も良く聞きます。

住宅の新築契約を結ぶハウスメーカーはどのようなことに気を付けて選べば良いのでしょうか。

 

 

住宅新築時のハウスメーカー選び3つのポイント

スポンサーリンク

ハウスメーカーは各社独自の商品を開発していますが、それら商品の特徴はメリットもあればデメリットもあります。

数社見学して説明を聞いてみたものの、結局何が良いのか分からなくなることは多いようです。

そこで、見学に行く前にオススメしたいのが自分がどういった点にこだわりたいのか優先順位を明確にすることです。

今回はデザインと性能、価格の3つに分けてポイントをご紹介します。

 

住宅のデザインについて

ハウスメーカーを選ぶ際、デザインはどのようなものが良いというイメージはしているでしょうか。

はっきりとしたイメージの無い方も、言葉にはできずともデザインの好き嫌いはあるでしょう。

最初の段階で、レンガのお家や鉄製の手すりなど輸入住宅に住みたいというのであればかなり絞り込むことができます。

その他、ボックス型に近い建物や昔ながらの三角屋根(切妻屋根や寄棟屋根)、瓦のお家を使った純和風のお家などさまざまありますが、まだイメージが無いと言う方はインターネットで検索してみてこれらの建物を写真で見て自分のイメージに近いか確認すると良いでしょう。

そして、気に入ったデザインのものがあればハウスメーカーにその写真を持参します。

ただし、あまりデザインを重視してしまうと性能面や価格面が犠牲になってしまうこともあるので、「価格とデザインを天秤にかけたら価格を重視する」など、デザインにどの程度こだわりたいかは先に決めておくと良いです。

 

ハウスメーカーのデザインは企画住宅で判断

ハウスメーカーのデザイン力を見る際に試したいことが、ハウスメーカーの見学に行った際、もしくはカタログ請求などでそのハウスメーカーの企画住宅のデザインを見るということです。

企画住宅は間取りが決まっている代わりにコストを抑えて建てられるもので、そのハウスメーカーの企画住宅以外のデザインにも影響を与えていることが多いです。

企画住宅のデザインを見て気に入ったハウスメーカーであれば企画住宅を基本に少しずつ変更を加えていくことも可能です。

注文住宅の自由設計住宅と規格住宅はどう違う?住宅を購入する方法として、注文住宅と建売住宅、あるいは中古一戸建て住宅やマンション購入と言った方法もあります。 この内、注文住宅は...

スポンサーリンク

住宅の性能について

住宅の性能については、良ければ良い程良いと考えている方が多いでしょう。

とはいえ、最近のハウスメーカーはどこも高気密高断熱に力を入れており、一定以上の性能を備えているものです。

住宅の性能についてもこだわりすぎると当然コストが高くなり、結果として費用が高くなったり、高くなった費用を抑えるためデザインを我慢したりしなければならなくなるでしょう。

もちろん、住宅の性能を一番に考えたい方もいらっしゃるでしょうから、それはそれで構いません。

一方、一定の性能があれば構わないというのであれば、性能のどの部分を重視するのか、価格やデザインとのバランスはどうするのか等優先順位をつけましょう。

分かりやすい基準としては耐震等級は1でいいのか、2や3を求めるのかや長期優良住宅が良いのか、ZEHにしたいのか等を先に決めておくようにします。

長期優良住宅の認定基準やメリットとデメリットについて解説ここ数年、新築住宅で長期優良住宅という言葉を聞くことが多くなりました。 なんとなく耐久性の髙い住宅で安心できそう、ということは分か...

高い気密性や断熱性を実感したのであれば、体験棟のあるハウスメーカーで宿泊をすることもできます。

住宅の価格について

お家に関してこだわりが強いと価格については後回しになってしまいがちですが、どんなにデザインや性能を気に入ってもお金を出すことができなければ家は建ちません。

どの程度まで家づくりのお金を出せるのかは最初に家族でしっかり話し合っておきましょう。

 

ライフプランから支払額を想定する

住宅ローンは数十年に渡って支払いを続けていくものなので将来のことを想定して返済額を決めると良いでしょう。

ハウスメーカーの営業担当の他、ファイナンシャルプランナーなど外部の専門家に相談してライフプランニングを依頼してみるのも一つの方法です。

いくらまで支払えるのか決まったら、ハウスメーカーの坪単価を調べてハウスメーカーの絞り込みをします。

とはいえ、坪単価は住宅の設備のうちどこまで含めるのかに決まりが無く、オプションで坪数万円の違いが出ることもあるので注意が必要です。

実際の価格はプランを作ってみないと分からないという前提で、坪単価は参考程度の考えると良いでしょう。

 

まとめ

今回は住宅の数ある要素の内、デザインと性能、価格の3つに絞ってハウスメーカー選定の基準について書きました。

実際にハウスメーカーを選ぶ際にはもっと多くのことを考慮する必要があるでしょうが、ハウスメーカーを選ぶ前に、デザインと性能、価格については優先順位をつけておくと迷いが少なくなるでしょう。

スポンサーリンク