注文住宅について

注文住宅の自由設計住宅と規格住宅はどう違う?

住宅を購入する方法として、注文住宅と建売住宅、あるいは中古一戸建て住宅やマンション購入と言った方法もあります。

この内、注文住宅は一から自分の家を決めていくことができますが、その中でも自由設計住宅と規格住宅に分けることができますが、どちらを選ぶと良いのでしょうか。

今回は、注文住宅の自由設計住宅と規格住宅の違いをお伝えします。

 

 

注文住宅の自由設計住宅と規格住宅

スポンサーリンク

注文住宅は一から自分で間取りや素材を決めて建築できるというメリットがある一方、そうしたことが面倒くさい、と言う方も中にはいらっしゃいます。

そうした方向けに住宅メーカーでは間取りや設備がある程度(あるいは、全て)決まっており色やオプションの組み合わせだけで注文できる規格住宅が用意されています。

一方、注文住宅であればやはりこだわりたい、という方向けに自由設計住宅もあります。

自由設計住宅と規格住宅はどのような違いがあるのでしょうか?

 

自由設計住宅ってどんなの?

自由設計住宅では間取りはもちろん、キッチンの種類やフローリングの素材、換気システムなど全ての要望を取り入れることができるのが普通です。

ただし、自由設計住宅とはいえ住宅会社によって標準仕様が決められており、標準仕様通りに建てればスケールメリットを活かして価格を抑えることが可能となります。

自由設計住宅で価格を抑えたい場合には自分の要望に近い標準仕様を揃えた住宅会社を選ぶと良いでしょう。

もちろん、お金を払えばアップグレードすることも可能です、

スポンサーリンク

自由設計住宅は自分のこだわりの家を建てられる

自由設計住宅は間取りや設備を自分で選べるためこだわりの家を建てられることがメリットだといえるでしょう。

「吹き抜けのあるお家」や「自然素材を活かした家」など、家族の夢や憧れに合わせた間取りを、住宅会社の担当建築士と打ち合わせしながら決めていくことになります。

 

自由設計住宅は狭小地や変形地でも建てられる

所有している土地や、買おうとしている土地が狭小地や変形地の場合、自由設計住宅であればその土地に合わせた間取りを作ることが可能です。

規格住宅では間取りが決められており、よく売れている人気の間取りとなっていることが普通で狭小地や変形地だと間取りが入りづらくなります。

ただし、狭小地で3階建てにしたり、変形地で凸凹した間取にしたりすると価格も高くなってしまうので注意が必要です。

 

規格住宅ってどんなの?

規格住宅は間取りや素材、設備がある程度決められており、外観なども数種類の中から選ぶ形が一般的です。

自由度は低いものの価格を抑えられ、またあれこれ悩む必要がないため面倒も減ります。

規格住宅は、その会社の設計士がそれまでの経験を活かした間取りを作っていることが多く、自由設計住宅にするより使いやすい間取りであることも多いです。

 

規格住宅を見るとその住宅会社の標準が分かる

規格住宅はその会社で良く売れている価格帯の商品をラインナップするのが普通なので、規格住宅のカタログを見るとその住宅会社の標準を知る事ができます。

自由設計住宅で検討している場合でも先に規格住宅のカタログを見て、自分のイメージと近ければ希望通りの家づくりを出来る可能性が高いと判断できるでしょう。

 

まとめ

注文住宅には自由設計住宅と規格住宅がありますが、自由設計住宅は細部までこだわりたい方向け、規格住宅は面倒を省きたい方やコストを抑えたい方向けだと言えます。

規格住宅でも一部変更できる場合や、自由設計住宅でも間取りを工夫することで価格を抑えることができる場合もあるので最初は両方検討しながら進めても良いでしょう。

スポンサーリンク