住宅ローンの制度や金利

複数の金融期間で住宅ローンの審査を受けても大丈夫?

住宅ローンの審査は3日程で結果が出る場合もあれば、2週間以上かかってしまうこともあり、審査結果が出るまではそわそわして気が落ち着かないものです。

また、住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なるため、ある金融機関では否決だったものが、他の金融機関では承認だったということがよく起こります。

 

 

住宅ローン審査の同時申請

スポンサーリンク

住宅ローンの審査は、必要書類を揃え、審査用紙に必要事項を記入し、金融機関に提出し、審査結果の連絡を待つという一連の流れで数日~半月程かかってしまうのが一般的です。

住宅ローンの審査を受けるにあたり、否決になるような可能性があるのであれば2つ、3つと同時に申請したいものです。

↓クレジットカードやカードローンで否決になることもあります。

クレジットカード・カードローンが住宅ローン審査に与える影響クレジットカードやカードローンは銀行やショッピングセンターに務める友人や知人に勧められて、使うあてもないのに作ってしまった経験がある方も...

住宅ローン審査の同時申請は問題なく行えますし、一般的に行われています。

また、住宅ローン審査の同時申請にはメリットもあります。

 

住宅ローン審査同時申請のメリット

住宅ローン審査を同時申請することのメリットの1つは、複数の金融機関に申し込むことで両方審査をパスすれば、金利の交渉がしやすいということが挙げられるでしょう。

審査承認時にはA金融機関の金利が1.1%、B金融期間の金利が1.0%だった場合、A金融機関に交渉して0.95%まで下げてもらうことが可能となるかもしれません。

スポンサーリンク

個人信用情報の面から見たメリット

また、住宅ローン審査に落ちる可能性のある方にとっては、1つ1つ結果が出てから進めるよりも同時申請の方が有利に進む場合があります。

住宅ローンの審査は、どこの金融機関で審査を受けたという情報が個人信用情報に登録されることがあり、仮に他の金融機関で否決となっており、そのことが担当者に伝われば審査にマイナスに働く可能性があります。

同時申請であれば、個人信用情報への登録も同時に進められるため、こうした心配もなくなります。

 

住宅ローン審査同時申請のデメリット

住宅ローン審査同時申請のデメリットは、1つだけ申し込む場合と比べて手間がかかるということです。住宅ローンの審査は審査用紙に記入する内容が多岐にわたることが一般的ですし、必要書類を揃えたり、審査用紙を提出したりするのも手間です。

審査に受かる自身がある場合申し込みは1つだけにした方が楽でしょう。

もう1つデメリットを挙げるとすれば、実際に住宅ローンを利用する金融機関は1つだけなので、他に承認を受けた場合は金融機関にお断りの連絡を入れなければいけないこと位でしょうか。

 

住宅ローンの一括審査申込サービスもある

住宅ローンの審査を複数に同時申請する場合は、住宅ローンの一括審査申込サービスを行っているサイトもあるようなので利用してみても良いでしょう。

 

まとめ

 

スポンサーリンク