住宅設備について

お風呂・洗面脱衣所・キッチン・トイレなど水回りの配置のポイント

住宅の間取りを考えるに辺り、水回りの設計をどうするかは大切なところです。特に主婦の方にとっては毎日の家事に関わるため関心が高いでしょう。

今回は水回りの設計で気をつけたいことをお伝えします。

 

 

水回りの配置のポイント

スポンサーリンク

住宅の間取りの中でも特に水回り(キッチン、トイレ、お風呂)については毎日のことなのでその動線がどうなっているかは日々の生活を快適に過ごすための大きなポイントですよね。

キッチン、トイレ、お風呂に分けてそれぞれ大切なポイントをお伝えします。

 

対面キッチンが人気

最近の住宅は対面キッチンが多いですが、対面キッチンの中でもアイランドキッチンやペニンシュラキッチン、I型キッチン、L型キッチンなどいくつかの種類があります。

一般的に使われているのが、コンロ側が壁についているI型キッチンで、場所をあまりとらないこともありコストを安く抑えることが可能です。

アイランドキッチンもインパクトがあり、人気がありますがキッチンそのものの価格が高いことと、アイランドキッチンを入れるためのスペースを確保する必要があるためコストがかかってしまいます。

 

キッチンは家事導線の中心

キッチンはその配置次第でLDK全体の形を決め、また住宅の中でLDKは大きな比重を占めるものなので間取り全体に影響を与えると言っても良いでしょう。

キッチンは単に配置すれば良いというものではありません。

玄関やトイレなど一通りの多い場所の近くに配置してしまうと家族や来客の方からキッチンの中が見られてしまい、ストレスと感じてしまう方もいらっしゃいます。

またお風呂やパントリーへの家事導線など、家事導線の中心となるのがキッチンなのでキッチンの配置にはよほど注意が必要です。

 

スポンサーリンク

トイレはまとめて配置するとコストを抑えられる

トイレの配置では入口から中が見えてしまわないような配置にすることが大切です。

水の流れるところなので家相の面も気にされる方は注意する必要があります。

また、トイレはお風呂や洗面所などの近くにまとめて配置すると水回りの配管が短くなり、コストを安く抑えることができます。

ただし、寝室の近くに配置してしまうと、夜水洗の音で目が覚めてしまう可能性があることや、来客の多い場所に配置してしまうとトイレに行きづらくなるといったことが考えられるため、どちらを優先するかはよく考えた上で判断すると良いでしょう。

 

洗面脱衣所とお風呂

最近の住宅ではユニットバスと洗面脱衣所をそれぞれ2帖ずつ配置されているタイプが良く見られます。

一般的な家庭であれば、洗面脱衣所に少し棚を設けてあげるだけでゆったり便利に使うことができるでしょう。

 

洗面所と脱衣所を別にする

洗面所と脱衣所を別にすると、誰かがお風呂に入っている時に洗面所に入れない、ということが無くなります。朝風呂に入る習慣がある方は、脱衣所にいる間他の人が歯磨きできなくて困ってしまうかもしれません。

場所は取ってしまいますが気になるようであれば別々に配置すると良いでしょう。

 

脱衣所とキッチン・サンルームへのアクセス

キッチンから脱衣所へのアクセスを良好にすると料理をしながら洗濯もしやすく、毎日のタイムロスを短くすることができます。

また、脱衣所からサンルーム、庭などへのアクセスを良くすると洗濯したものを干すのが楽になるでしょう。

↓注文住宅の間取りで気を付けたいことはこちら

注文住宅の間取りで考えるべき4つのポイント注文住宅で完全自由設計であれば、自分の要望を全て入れることができますが、逆にどこから手をつけて良いか分からないという声も良く聞きます。 ...

 

まとめ

水回りは住宅の間取りを考える上でとっても重要なものです。

家族全員の意見を取り入れながら毎日を快適に過ごせるようキッチンやトイレ、お風呂の配置を決めるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク