住宅ローンの制度や金利

住宅ローンの審査は個人信用情報が最重要?個人信用情報について解説

住宅ローンの審査では、個人信用情報をチェックされます。

個人信用情報には、過去に自動車ローンやクレジットカードなど借入た情報が登録とそれらの延滞や自己破産の記録も残されており、過去に1回でも延滞や自己破産の記録があれば審査で承認を受けるのは難しくなります。

今回は住宅ローン審査における個人信用情報についてお伝えします。

 

 

住宅ローン審査と個人信用情報

スポンサーリンク

住宅ローン審査では個人信用情報に傷がついていると審査が難しくなります。

自己破産をしてしまうと審査に通らないのはもちろんですが、延滞も1回あるだけでほとんどの審査に通らなくなるのが実情です。

とはいえ、延滞は2〜3日程度であれば個人信用情報に登録されていないことも多く、通常は月をまたいで延滞してしまった時に登録されることになるなど延滞=個人信用情報に登録ではありません。

また、自己破産をしてしまった場合でも7年、もしくは10年、過払い請求の場合は5年以上経過すると個人信用情報から消えるとされています(この辺りも実際に個人信用情報を見ないとはっきりしません)。

延滞や自己破産の心配がある場合個人信用情報機関から資料を取り寄せることでそれらの情報を確認することができます。

 

3つの個人信用情報機関

個人信用情報は以下の3つの期間を揃えれば網羅することができます。

  • CIC
  • JICC
  • 全銀協

以下で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

CIC(シー・アイ・シー)

CICは3つの個人信用情報機関の中でも登録される信用情報が多く、銀行のローン自動車会社のローンなどほとんどの個人信用情報が登録されています。

指定信用情報機関のCIC

 

JICC(ジェイ・アイ・シー・シー)

JICCは主に消費者金融等の個人信用情報が登録される情報機関です。消費者金融等で借入暦があり、延滞等の心配がある場合には確認するようにしましょう。

なお、消費者金融での借入は延滞等なくとも、借り入れしているだけでマイナスに働くこともあります。

JICC日本信用情報機構(指定信用情報機関)

 

全銀協(全国銀行個人信用情報センター)

全銀協は主に銀行系のローン情報が登録されており、CICやJICCと比べると範囲は狭いものの、他の個人信用情報機関では情報がすでに消えているものでも全銀協で見られる場合が有ります。

全国銀行個人信用情報センター

 

これら3つの個人信用情報機関ではそれぞれ1,000円費用負担することで情報を取り寄せることができます。延滞や自己破産の情報が気になる場合は審査前に全ての情報を取り寄せておいた方が良いでしょう。

なお、いずれも郵送での請求、インターネットでの請求共に可能で、インターネットでの請求の方が請求にかかる日数を短くできるためおすすめです。

郵送での請求の場合郵便局の現金小為替、インターネットでの請求の場合クレジットカードで費用を支払います。

 

個人信用情報に傷があった場合

個人信用情報に延滞などの情報があった場合、基本的には審査で承認を得られるのは難しくなりますが、以下のような項目が良ければ承認を得られる事もあります。

  • 年収
  • 勤務先と勤続年数
  • 銀行の預金残高

年収は通常返済負担率を中心に見られますが、年収が借入額に対してかなり良い場合には個人信用情報に少し傷があった場合でも融資承認が得られる場合が有ります。

↓返済負担率についてはこちら

返済負担率と審査金利で借入可能額を計算する方法住宅ローンの審査では様々な項目がチェックされますが、年収に対していくらまで返済できるのかを表す返済負担率もそうした項目の一つです。 ...

また、上場企業の社員や公務員で安定していることや、銀行の預金残高が一定額以上あることが認められれば、プラスに働くことがあります。

なお、これらの項目が良くてもカバーできるのはうっかりしてしまった1回の延滞位のもので、複数回の延滞が見られる場合や自己破産してしまっている場合には難しいでしょう。

 

まとめ

住宅ローンの審査では個人信用情報を特に厳しくチェックされます。

何も問題なければ良いのですが、自分が知らない内にクレジットカードの支払いが上手くいっていなかったり、親から引き継いだローンの支払いがされていなかったりといったこともあるようです。

引っ掛かるようであれば事前に確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク