住宅設備について

換気システムの3つの種類とメリット・デメリット

住宅の換気は、快適な生活を過ごすために非常に大切なものです。

換気システムには、第1種換気システムと第2種換気システム、第3種換気システムがありますが、それぞれどのような特徴があり、どの換気システムを選ぶと良いのでしょうか。

ここでは、換気システムの特徴とメリット・デメリットをお伝えします。

 

 

換気システムの3つの種類

換気システムは、給気と排気の組み合わせで第1種、第2種、第3種の換気システムに分けられています。

第1種換気システムは機械で吸気して機械で排気する換気システム、第2種換気システムは機械で吸気して自然に排気する換気システム、第3種換気システムは自然に吸気して機械で排気する換気システムです。

 

第1種換気システム

第1種換気システムは、給気も排気も機械で行う換気システムです。

第1種換気システムの中でも、最近では排気も給気も1つの機械で行い、機械の中で熱交換が行われるタイプのものが人気です。

夏には外の暑い空気が家の外から機械に入り、家の中のエアコンで冷やされた空気が家の中から機械に入ります。

この時、換気システムの中で熱交換され、家の外から取り入れられた新鮮な空気を冷たいまま家の中に取り入れることができるのです。

冬には逆の流れを作ることで暖かく新鮮な空気を取り入れることが可能となります。

第1種換気システムは3つの換気システムの中で一番性能が高く、特に高気密高断熱や全館空調の住宅と相性が良いです。

 

第1種換気システムのデメリット-①建築コストが高くなる

第1種換気システムのデメリットは熱交換する機器を導入しなければならず、建築コストが高くなってしまうことです。

第1種換気システムはそのシステム上、建物の気密性、断熱性能が低いと効果が薄くなってしまう点にも注意が必要です。

 

第1種換気システムのデメリット-②電気代がかかる

また、基本的には1日中換気システムを作動させるため年中電気代がかかる点もデメリットだと言えるでしょう。

一般的には月に1,000円~3,000円程の電気代がかかります。

 

第1種換気システムのデメリット-③メンテナンスが大変

第一種換気システムのデメリットとして、給気ダクトや、外から入ってきた空気をきれいにするフィルターなどのメンテナンスが大変という点が挙げられます。

なお、第一種換気システムのダクト清掃の大変さはメーカー側もよく分かっており、ダクトレスの第一種換気システムも販売されています。

 

第2種換気システム

第2種換気システムは機械が給気を行い、自然に排気する換気システムのことです。

第2種換気システムは病院などの無菌が求められる手術室やクリーンルームなどに用いられ、一般の住宅で採用されることはほとんどありません。

 

第2種換気システムのメリット

数あるハウスメーカーの中でも、パナホームが第2種換気システムを採用した商品を販売していました。

パナホームの第二種換気システムではランニングコストが安い点やメンテナンスの容易さの点で他の換気システムよりメリットがあります。

 

第3種換気システム

第3種換気システムは給気を自然に行い、排気を機械で行う換気システムです。

昔から住宅によく採用されてきた換気システムで、一般的には窓から空気を取り入れて、キッチンやお風呂にある換気扇から排気します。

第1種換気システムと比べて導入費用を安く抑えることができると共に、換気システム作動のための電気代も安くなります。

 

第3種換気システムのデメリット-第3種換気システムは寒い?

第3種換気システムのデメリットは、第1種換気システムのように熱交換を行わず、直接外気を取り入れるため夏には暑い外気が、冬には冷たい外気が家の中に入ってしまうという点がデメリットとなります。

 

第1種換気システムと第3種換気システムを比較

換気システムいついては、第1種換気システムにした方が良いのか、第3種換気システムにしたほうが良いのかが、よく論点に上がります。

すでにお伝えしたように、第1種換気システムは高機能ですが、コストとメンテナンスの面がデメリットになります。

一方で、北欧や北海道などの寒冷地でも第3種換気システムが採用された住宅があるなど、必ずしも第3種換気システム=寒いにはならないこともあります。

 

しかし、やはり一般的にはコストやメンテナンスの面で負担できるのであれば第一種換気システムを、室温にそこまでうるさくなく、コストを抑えたいという場合には第三種換気システムを選ぶのが良いでしょう。

 

まとめ

換気には第1種から第3種まで3つの換気システムがありますが、最近では第1種換気システムを導入している住宅会社が増えています。

一方、コスト面を考えると第3種換気システムが良いため、お家自体の気密性や断熱性にどこまでこだわるかで選ぶと良いでしょう。