注文住宅の売却

オーナーチェンジ物件とは?敷金やトラブルの有無について確認することが大切

不動産の売却時、その不動産に借りている人がいる状態で売却する場合、その物件のことをオーナーチェンジ物件と呼びます。逆に、賃貸用に建てられた投資用物件であっても賃借人がいなければオーナーチェンジ物件とは呼ばれません。

今回は、オーナーチェンジ物件についてメリットやデメリット、気をつけることなどお伝えします。

 

 

オーナーチェンジ物件について

オーナーチェンジ物件にはどのような特徴があるのでしょうか?

一つ一つ解説していきます。

 

オーナーチェンジ物件の購入者から見たメリットとデメリット

オーナーチェンジ物件は購入後すぐに家賃を得られると言う点でメリットがあります。

一方でデメリットとしては購入後すぐに自分で住むことができないと言うことが挙げられます。

不動産を貸している場合、法律的には借りている人が保護され、貸している側の都合ですぐに退去させることはできないので注意が必要です。

 

オーナーチェンジ物件を売る側から見ると?

売る側からしたらオーナーチェンジ物件にはどのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。

オーナーチェンジ物件として売り出す際のメリットは先にお伝えした通りで、購入者は投資用不動産として購入する場合お得です。

一方、賃借人がいなくなってから売却する場合、購入者はそのまま住むこともできるし、賃貸に出すこともできるという2つの選択肢を得られると言う点で売りやすくなります。

どちらが良いかは投資向きかどうかで判断すると良いでしょう。

 

オーナーチェンジ物件を売買する際に気をつけること

オーナーチェンジ物件を売買する際、住んでいる人(=賃借人)について考える必要はなく、住んでいる人への通知は事後で構いません。

売買後に、売主と買主の連名でオーナーが変更になったことや振込先、連絡先を通知します。

 

敷金の状況を確認しよう

賃借人から敷金を受け取っている場合退去時に返還する必要がありますが、オーナーチェンジ物件では売主から買主に敷金を引き継ぐことになります。

オーナーチェンジ物件を購入する場合、賃借人に関して敷金の状況を確認する他、現在の居住年数や保証人の有無等について確認しておくことが大切です。

 

オーナーチェンジ物件はトラブルの有無を確認すること

オーナーチェンジ物件を購入する際にはトラブルの有無を確認することが大切です。

なぜ売主は家賃を得られる権利を放棄して物件を売却するのでしょうか。

資金が必要になったといった事情であれば問題ないのですが、何らかのトラブルが原因の場合もあります。

買主としてはトラブルが無いか確認してから購入を決定し、逆に売主としては入居者や管理組合の状況など詳しく説明することで信頼を得られるでしょう。

 

まとめ

オーナーチェンジ物件は、投資用物件としての運用も考えているのであれば最初から家賃収入を得られるためお得な面もありますが、その際には敷金の状況や借主とのトラブルの有無など確認しておくことが大切です。